定例監査

定例監査とは

定例監査は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第199条第1項、第2項、第4項及び第7項に基づき、都の事務・事業の問題状況とその原因を指摘して、改善を求めることを目的とするものです。

※東京都においては、「財務監査」という名称でしたが、平成13年度以降「定例監査」としました。

年(年度)別、監査実施計画、監査の結果

監査実施年(年度)
(監査対象年度)
監査実施計画 監査の結果
令和元年・平成31年
(平成30年度)
監査実施計画(PDF 516KB) -
平成30年
(平成29年度)
監査実施計画(PDF 500KB) 監査の概要と全文
平成29年
(平成28年度)
監査実施計画(PDF 323KB) 監査の概要と全文
平成28年
(平成27年度)
監査実施計画(PDF 665KB) 監査の概要と全文
平成27年
(平成26年度)
監査実施計画(PDF 268KB) 監査の概要と全文
平成26年
(平成25年度)
監査実施計画(PDF 357KB) 監査の概要と全文
過去の報告書等はこちら


報告書の一部データは、CSVファイルでオープンデータとして公開しています。使用する場合は、東京都オープンデータカタログサイトからダウンロードしてください。

東京都オープンデータカタログサイトはこちら

年(年度)別、重点監査事項一覧

監査実施年(年度)
(監査対象年度)
重点監査事項
令和元年・平成31年
(平成30年度)
全庁重点監査事項
  • 補助金(補助金には負担金・交付金も含む。)
局別重点監査事項
  • 監査対象局の事業の特性、社会経済状況や事業執行上のリスクを考慮して、局ごとにテーマを選定する。
平成30年
(平成29年度)
局ごとに次の項目から設定
  • 都民・利用者に対するサービスの状況
  • 安全・安心の確保
  • 地下構造物の安全管理
  • 施設の点検、修繕業務の適正性
  • 施設管理に係る事務処理の適正性
平成29年
(平成28年度)
局ごとに次の項目から設定
  • 待機児童対策
  • 都立都民利用施設の警備体制
  • 地下構造物の安全管理
  • 高齢者ドライバーに係る安全対策
  • 食の安全・安心確保への取組
  • 都立施設のユニバーサルデザイン整備状況
  • ボランティアの運営
  • 普及啓発事業
  • 新規事業等の進捗及び管理状況
平成28年
(平成27年度)
局ごとに次の項目から設定
  • 個人情報管理
  • 事業実施部門の外部委託
  • 業務の内部統制
平成27年
(平成26年度)
共通項目
  • 工事契約に係る価格情報管理
局ごとに次の項目から設定
  • 事業実施部門の外部委託
  • 業務の内部統制
  • 債権管理
平成26年
(平成25年度)
局ごとに次の項目から設定
  • 土木構造物の維持管理
  • 業務委託
  • 事業所業務の内部統制・システム統制
  • 収入管理
  • 債権管理
  • 現金管理
  • リース契約
  • 土地の利活用