東京都の監査委員紹介

東京都監査委員を紹介します。

         

清水 やすこ 監査委員

清水やすこ監査委員

(略歴)

・税理士
・国税局元職員
・東京都議会議員1期目

・東京都監査委員 就任(平成30年10月)

清水監査委員からのメッセージ

 都民の皆様の代表として、不偏不党の立場から大切な税金の使われ方をチェックすると共に、専門用語に頼らない、分かりやすい説明を心がけてまいります。
 国税局時代や税理士としての経験、財政委員会での学びはもちろん、5人の子育てや介護の経験、そして何よりも都民の皆様から寄せられている生の声、私の持っているすべてをフル動員し、「都民ファースト」の視点でこの職責に臨みます。

         

神林 茂 監査委員

神林茂監査委員

(略歴)

・元東京都大田区議会議員(7期連続)
・東京都議会議員4期目

・東京都監査委員 就任(平成30年10月)

神林監査委員からのメッセージ

「東京都の事務事業は、都民の皆さんから頂戴した貴重な税金によって賄われている」
 私は、この言葉を監査の主眼において、適正に執行されているのか、無駄なく効果的であるのか、本当に都民の役にたっているのか等について、各種の監査に取り組んでまいります。
 殊に、私は、議員生活を通して体験してきた、「数多くの汗して働く方々の現場の実情や思い」を大切にし、少しでも反映できるよう頑張ってまいります。

友渕 宗治 監査委員(代表監査委員)

友渕宗治監査委員

(略歴)

・警視庁生活安全部長 退職(平成16年8月)
・警視庁職員信用組合顧問
 (平成16年10月~平成17年6月)
・警視庁職員信用組合理事長
 (平成17年6月~平成23年6月)

・東京都監査委員 就任(平成23年12月)

友渕監査委員からのメッセージ

 都民の皆様は「納めた税はどう生かされているか」に高い関心をお持ちだと思います。
 監査委員は、事務や事業が法令に基づき適正に執行されているか、無駄な支出はないか、少ない経費でより成果を得るよう努力・工夫をしているか、事業等の目標、目的が達成され、それが都民に役立っているか、など様々な観点から各種の監査を行い、行財政の公正、効率化に努め、その責務を果たすことだと考え取り組んでいます。

         

岩田 喜美枝 監査委員

岩田喜美枝監査委員

(略歴)

・キリンホールディングス株式会社 社外取締役
 (平成28年3月~)
・住友商事株式会社 社外取締役(平成30年6月~)
・津田塾大学 理事(平成25年6月~) など

・東京都監査委員 就任(平成27年10月)

岩田監査委員からのメッセージ

 私は学生時代以来長年都内に住み、学業、仕事、結婚、子育て、親の介護などをやってきました。仕事としては行政(労働省/厚生労働省)、企業経営(資生堂、その他)、公益団体(21世紀職業財団その他)に携わってきました。
 公私にわたるこれらの経験を総動員して、都政を監査してまいります。その際、都民目線で独立した立場で監査し、都政の質の向上、引いては都民の利益の増大に少しでも貢献したいと思います。

         

松本 正一郎 監査委員

松本正一郎監査委員

(略歴)

・公認会計士
・東京都包括外部監査人(平成23年度~平成25年度)
・新日本有限責任監査法人(現・EY新日本有限責任監査法人)
 さいたま事務所所長(平成27年7月~平成28年6月)

・東京都監査委員 就任(平成28年7月)

松本監査委員からのメッセージ

 監査委員は都民の皆様から納めて頂いた税金などが正しく使われているかチェックするのが主な仕事です。単に誤りがないことを確認するだけではなく、経済性、効率性、有効性の観点からも監査すると共に、指摘した事項については、改善がなされているか継続してフォローしています。
 また、監査では都民の皆様の目線で見ることにも心がけており、監査の実施状況についても、分かりやすく伝えていきたいと思っております。